メンタルクリニックで精神安定【医師のサポートで前向き治療】

看護師

心の病の回復に向けて

カウンセリング

競争社会の激化とともに、うつ病やパニック障害などの心の病にかかる人が増えています。患者の増加を受けて需要が多くなっているのが、外来での診療に特化したメンタルクリニックです。従来の精神科や神経科の病院にありがちだった敷居の高さがなく、初めての人でも気軽に入りやすい雰囲気が特長です。駅の近くや繁華街などの便利な場所にあるメンタルクリニックや、夜間診療を行っているメンタルクリニックも多く、通勤や通学の途中に立ち寄りやすいことも人気の理由です。精神科医による外来診療に加えて、臨床心理士によるカウンセリングや、精神保健福祉士による生活相談を行っているメンタルクリニックも増えており、回復に向けてのトータルなサポートを受けることができます。メンタルクリニックによっては、不規則になりがちな生活のリズムを整えるとともに、対人スキルの向上にも役立つデイケアが用意されている場合もあります。適した治療法は病状によってさまざまですから、医師とよく話し合った上で、納得して積極的に治療を受けることが大切です。入院が必要になった場合や、治療中に転居をすることになった場合には、他の病院を紹介してもらうこともできますから安心です。

すぐに症状の改善がみられなくても、メンタルクリニックへの通院は根気強く継続することが大切です。薬との相性によっては副作用が出る場合もありますが、無理に服用を続けたり、自己判断で中止したりするのではなく、その都度医師に症状を報告することが回復への早道です。同じ効能を持つ薬でも、現在ではさまざまな種類が揃っていますから、ひとりひとりの病状や体質にぴったりと合った薬を見つけることが可能です。医師との相性も大切な要素ですが、頻繁に通院先を変えるドクターショッピングは考え物です。最低でも数ヶ月間は同じメンタルクリニックへの通院を続けながら、様子を見るのが理想的です。精神科や神経科の病気が回復するまでには、ある程度の期間が必要になるケースが殆どです。病気の症状が原因で思うように仕事ができなくなると、収入が減少したり途絶えたりして、メンタルクリニックへの通院を続けることが経済的に困難になる場合も少なくありません。そんなときに、病状や所得の額によっては公的な医療費の助成を受けられる可能性もあります。どのような悩みもひとりで抱え込んでしまわずに、医師や精神保健福祉士といったプロに正直に相談することが大切です。

Copyright©2015 メンタルクリニックで精神安定【医師のサポートで前向き治療】 All Rights Reserved.